帰国後もアメリカの電話番号をキープする方法

帰国時にアメリカの電話番号をキープするためにGoogle Fi を契約しているのですが、問題が発生しました

Google Fi の警告

日本に帰国してからちょうど2年になります 少し前に遂にGoogle Fi から警告を受けました

Google Fi


一時帰国で使うならGoogle Fi がベストです Unlimited Plus プランなら帰国後すぐに日本でもスマホがUnlimited Data&Text で使えます 通話以外、一切追加料金がないこれ以上ない素敵なプランです 2年前に帰国した際、仮住まい先を転々としてネット環境が不安定な時もGoogle Fi のお蔭で随分助けられました 日本の電話は1年無料のキャンペーンをしていた楽天モバイルと契約をして、Google Fi と併用することで楽天モバイルは2年目以降もほぼ無料で使うことができていました ところが、遂にGoogle Fi から警告のメールをもらったのです

帰国後2年のうち、米国に戻ったのは昨年わずか1日のみでした それ以外はずっと日本で使っているのがわかったみたいです Google Fi は米国のサービスなので、米国以外で使い続けるというのはできないようです でも、警告文を落ち着いてよく読んでみると国際ローミングが使えなくなると書いてありますが、電話番号はそのまま使えるようです 通話とTaxtは使えるとなっています そして警告を受け取ったのは夫と私で米国出張中に米国内でGoogle Fi を使用していた息子は警告メールを受け取りませんでした 

知っていたら、息子の米国出張にスマホを預けたのですが時既に遅しです コロナ禍でなければグアムやハワイ辺りにちょっと出かければよかったわけです 困りました


解決策

夫と私の国際ローミングは使えなくされてしまったのですが、息子はそのまま使えています アメリカの電話番号はどうしてもキープしたいので、安いプランに変更して使い続けることにしました Unlimited Plus から Flexible に変更すると、Data利用はUnlimitedから$10/GBになりますが、3人家族で1人あたり50ドルから17ドルの激安になりました これくらいなら電話番号をキープするために払ってもいいかなと思えました

Google Fi のプランは3種類


プランを変更したので日本では楽天モバイルのData を使います 今のところ楽天モバイルで特に不自由は感じていません 楽天モバイルは1GB まで無料のうえ、通話はRakuten Link を使うと無料なのでこれまではGoogle Fi と併用することでほぼ無料で利用できていましたが、今後は無料とはいきませんがGoogle Fi のプランを下げたのでトータルでは安くなりそうです しばらくこれで様子を見ることにします

アメリカの電話番号が必要な理由

永久帰国をするならアメリカの電話番号は要らないと思われるかもしれませんが、我家には必要です 米国在住時に日本の電話認証が突破できなくて苦労したので、電話認証の厄介さがわかっています Taxt で確認のコードが送られてくることもよくあります 我家は米国銀行口座もキープしていますし、米ドル収入もあるので電話番号がないといろいろと不都合があるのです 

米国年金を日本に送金することなく、日本で使うには米国クレジットカードがあれば簡単です 米国クレジットカードを今後も使い続けたいのでアメリカの電話番号はどうしてもキープしておきたいのです 無駄に電話料金を払ってまでキープする意味は大いにあり、米国クレジットカードを使い続けることにより得られる利益は電話代が気にならないほどあります

米国在住で一時帰国で日本でもUnlimited Data &Taxtを追加料金なく使うなら、Google Fi の Unlimited Plus がおすすめです 日本以外の200ヵ国以上の国でも使えます 海外出張や海外旅行が多い方にはこれしかないというくらい便利なサービスです


海外でもさくさくスマホが使えるGoogle Fi


コメント